2. 月経前症候群(PMS)卒業を目指すもう一つの理由

ホルモンバランスの変動

月経前症候群(PMS)卒業を目指すもうひとつの理由

女性にはホルモンが変動する機会が何度もおとずれます。
毎月の月経もそうですし、妊娠中、出産後、閉経前後にホルモンのバランスがかわり、それに伴ってイライラや精神不安などの精神的症状や身体症状があらわれてきます。

昔はこれらをひっくるめて血の道症よびました。
さきほど月経前症候群(PMS)体質という表現をしましたが、月経前症候群(PMS)体質こそ、昔は血の道症といわれたものです。

月経前症候群(PMS)に悩む人はホルモンのバランスが変動するたびに同じように悩まされることが少なくありません。
月経前症候群(PMS)に苦しむ人は身体のバランスが傾いている状態です。

この傾きを改善しなければ、坂道を転がり落ちるように月経前症候群(PMS)が年々悪化したり、あるいは生理痛や更年期障害、不妊症といった悩みとつながっていく可能性があるのです。

だから、将来のことも視野に入れ、一時しのぎの薬でごまかすのではなく、きっぱりと卒業をおすすめしたいのです。

お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください

漢方専門薬局 和漢堂

病気の症状の感じ方や心配事は人それぞれです。
今までたくさんのご相談を頂いた経験から、きっとあなたにピッタリのアドバイスができると確信しております。ウェブサイトではお伝えしきれないこともたくさんあります。
どんなことでも結構ですのでお気軽にご相談ください。

  • fc-tel
  • fc-mail

最上部へ移動